製品案内

パワートロン始動器とは

パワートロン始動器とは

  1. スイッチ素子にサイリスタ(SCR)を使用した位相制御型始動器です。
  2. 始動する機器にマッチングしたソフトスタートのため、機器は衝撃なく始動する事が出来、機械的消耗が軽減します。
  3. 特に電源が発電機の場合、他の始動方式と比べて格段に発電機の容量を小さく出来るため、イニシャル・ランニングコストが大きく低減できます。
  4. サイリスタを使用してますが、高調波ノイズが小さく、ラインフィルターは必要でありません。
  5. 無接点スイッチのため、磨耗部がなく、メンテナンスが低減できます。
  6. 始動器の容積、重量が非常に小さく、省スペースに有利です。


国内での実績

1. 時間的な実績

NOV 1986年 日産自動車テクニカルセンター(厚木)に1号機としてAC3φ 400V 130kW のスクリュウ冷凍機4台使用したのが国内で初めての実績。

2. 台数的な実績
ベルトコンベアー 1) 低圧仕様:
一般汎用機器及び船舶機器に対して 5,400sets(2005年)

2) 高圧仕様:
AC3φ3.3kV 28sets
AC3φ6.6kV 34sets

LNG Cargo Pump、ターボコンプレッサー、スクリュウコンプレッサー、破砕機、冷凍機、サイドスラスタ、ベルトコンベア等

3. 容量的な実績
ガスタンカー 低圧仕様での実績で最大容量はAC3φ440V 2200Vです。 高圧仕様での実績はAC3φ3.3kV 1800kW ですが、現在AC6.6kV 7200kWを製作中。 現在、最大 AC3 φ 6.6kV 12000kW までモデルがあります。


主なるアプリケーション

低圧仕様アプリケーション
1)一般汎用機器
シールドマシン ベルトコンベア、各種ポンプ、送風機、シールドマシン、オーガー、冷凍機、空調機、デカンター、破砕機、揚貨機、混練機、ボールミル、ターボ・スクリュウコンプレッサ等、多種・多用です。
2)船舶関係
船舶 サイドスラスタ、バラストポンプ、LNGカーゴポンプ、ケミカルカーゴポンプ、ブロアー、圧送コンプレッサー、バケットコンベアー、ガスフリーファン、空調機・冷凍機、非常用機器等 大型の機器に使用されてます。
3)消防関係
消防関係 開放・閉鎖型スプリンクラー、消火栓、泡消火、連送ポンプ、ブースターポンプ、排煙機等
4)コージェネレーションシステム

コージェネレーションを高効率で運用する場合には、発電機を出来るだけ高負荷で運転して、その排熱を回収する必要がありますが、 大きな誘導負荷がシステム中にある時、その負荷を始動する為に大きな発電機が必要になります。 しかしランニング中は発電機は低負荷運転になってしまい、有効な排熱量の回収は出来なくなります。 パワートロン始動器を使用すると、発電機を小さくする事が出来ますので、運転中は高負荷運転になります。 したがって有効な熱回収ができます。



高圧仕様アプリケーション

1)一般汎用
高圧仕様 左図はAC3φ6.6kV 12000kW ターボコンプレッサー用

実績アプリケーション
破砕機、ベルトコンベア、スクリュウコンプレッサー、大型ポンプ
2)船舶用
船舶用 左図は AC3φ3.3kV 1800kW バウスラスタ用

実績アプリケーション
サイドスラスタ、サンドポンプ、LNGカーゴポンプ、推進器